月別アーカイブ: 2019年4月

外見至上主義

XOYという無料漫画アプリで一番人気だった作品です。途中からLINEマンガに買収され、単行本化が決定したそうです。あらすじは、いじめられっ子で容姿も最悪の男子高校生が、ある日突然超絶イケメンなもう一つの体を手に入れ、醜い容姿の体とイケメンな容姿の体、両方を駆使して生活し、徐々にこの「もう一つの体」の秘密に迫っていく物語です。

序盤、主人公はいじめを母親に悟られ転校させてもらいます。転校して一人暮らし&新しい学校生活がはじまる!というタイミングで、理由もわからずイケメンの体を手に入れます。そうしてイケメンの新しい体の方で学校に通い、醜い元の体の方で深夜のコンビニで生活費を稼ぐ二重生活を送っていきます。おすすめ⇒ガリガリ娘拾ったら

ここまでなら「なんでそんな都合の良いことが起こるの?やっぱり漫画だな」と思うかもしれませんが、この二重生活がリアルに描写され、容姿が違うだけで全く違う人生を歩む様子が描かれます。また、作者は様々な社会問題を取り入れながらエピソードを組まれており、とても勉強になります。

ダイヤのA

私の好きな漫画はダイヤのAです。高校まで野球に真剣に取り組んでいた私は、キャラクターに強く感情移入してしまいます。ダイヤのAの良いところは、野球漫画にありがちなありえない設定がないことです。弱小校を1人の怪物が甲子園で優勝させたりするのではなく、ありがちな私立の強豪校が甲子園出場と優勝を目指す、リアルな高校野球を楽しむことができます。

私自身甲子園へは行けませんでしたが、そこそこ有名な大阪の私立高校で野球をしていたので、自分と照らし合わせて楽しんでいます。特に好きなキャラクターは古谷君です。私立強豪でありがちな、1年生ながらエースとなり150キロオーバーの速球を投げる怪物です。しかしながら、コントロールに難があり今回の背番号はエースナンバーの1番ではなく10番の背番号を背負って、夏の大会へ挑んでいます。主人公と同い年で、まだ漫画上では2年生の夏です。主人公が3年生になるときに照準を合わせているので、3年時の春の甲子園と夏の甲子園でどのような投球をしてくれるのが非常に楽しみです。唯一読んでいる連載漫画ですが、野球を知っている人もそうでない人も楽しむことができるので、是非ご一読ください。>>>>>魔法のホール 寝てる子開発えっち

今最も安心して見ていられるラブコメ「金剛寺さんは面倒臭い」

地獄と繋がってしまった現代日本を舞台に、文武両道で才色兼備、おまけに金髪巨乳ととんでもない存在なのに、生真面目過ぎる性格が災いして人付き合いがダメな金剛寺さんと、地獄からやって来たその辺の人間よりもまっすぐで本能のままに善行を行う鬼の樺島くんを中心としたちょっと不思議なラブコメディーです。最近ではこのマンガがすごい!2019 オトコ部門第2位になったことでも話題になりました。設定から分かるように鬼である樺島くんは色々と秘密があります。また二人の周りでは色々と不可思議な事が起こったり将来的にはとんでもないことが起こったりします。ただこれらのことは作中でも度々書かれていますが「本編とは大きく関わりはない」とされています。では本編とはなにかと言えば青春ど真ん中の二人がイチャイチャすることです。これも作中で予告されているのですが二人は無事結ばれることは確定しているので安心して見ていられます。二人とその周りの幸せな空間を味わいたい人はぜひおすすめです。>>>>>みすずの部屋